1. トップページ
  2. > 事業紹介
  3. > 建築事業
企業概要

防音壁/景観壁

防音壁/景観壁

1電力事業法の騒音公害防止基準の制定により、音に対する考え方が一変しました。そこで、火力発電所の環境整備に着目し、ボイラの燃焼音の低減、機械類の保護および景観保全の目的から軽量かつ遮音性の高いGRCを開発しました。さらに、そのノウハウを活かし、多彩な防音壁(景観壁)を提供しています。

【主な特徴】

工場でユニット化して現地納入するため、工期の大幅短縮が可能 (GRC、鋼板、 ALC、押出成型セメント板、アルミスパンドレル他)。
騒音問題に対するエンジニアリングを実施。
コンサルタントから設計-施工まで一貫対応。
美観を考え周辺環境との調和にも配慮。

ページトップへ

プラント用資材

ダクト

1

発電所ボイラの煙道・風道を製作しています。板厚4.5~6.0mmの鋼板を使用し、最大口径6.0m、長さ10m程度の大型ダクトを、海上輸送にて直接現地へ納入可能です。また、保温、ライニングダクトにも対応しています。

階段・歩廊

詳細設計から製作・塗装・現地納入まで対応可能です。配管ラックなどの架構鉄骨も扱っています。

 

 

フロアユニット(ブロック)
ライニング工事

ボイラ建屋のフロア(約10m×10m)をユニット化し、丸ごと(グレーチング or チェッカープレート敷き込み済み)工場で製作し、海上輸送にて現地へ直送します。現地組立が少なくなるので、大幅な工期短縮が見込めます。

排煙脱硫装置の内面の樹脂ライニングを施工しています。これは、腐食環境から金属表面を保護する工事で、コンクリー卜表面にも樹脂を替えて施工しています。


ページトップへ

サイレンサー・ボンネット

火力発電所向けの吸気ファン、排気ファン、送風機用の大型サイレンサー・ボンネットを供給しています。
非常用・常用ディーゼル発電機向けの一次外装が対象で、防音機能を持ったパネルを使い5面を囲い、且つ排気装置にはサイレンサーを付属させています。

ページトップへ